いのたこ

親戚のおじちゃんの快気祝いの席で…。

おかんの従兄弟にあたるおばちゃんが、俺の幼少時代のことを話してくれた。

幼稚園に入る前の俺の手を引いて、川沿いを散歩してたらしいのね。

そしたらね、俺はきらきら光る川面を見るなり、一言、


「澄み切ってるね。」


今ですら、川を見てそんな言葉でませんわい。

まだ俗世で汚れてないピュアな心を持ってたときのお話。


もう戻れませんの。
[PR]
by tacoh_mi | 2004-10-25 01:26 | life